妊娠線クリーム比較サイト

妊娠線クリームを実際に購入して比較しています。

妊娠線を安く予防する方法【ベスト3】

      2016/02/04

妊娠線を安く予防するために、専用妊娠線クリームではないものを使ったり、体重増加をしないように気を付ける方もいると思います。妊娠初期から妊娠線予防を考える人が大半ですよね。

妊娠中の妊娠線予防をしなければ、産後にお腹に波のような赤い妊娠線がたくさんついてしまって、ビキニなどになるのも恥ずかしくなってしまいますよね。

ですが、専門の妊娠線予防クリームはこだわるとかなり高くついてしまいます。
ですから、ここでは安く妊娠線予防できる方法を紹介します。

安く妊娠線を予防する方法.1

まず、おすすめの妊娠線予防方法は、安くて良いので保湿効果たっぷりのボディクリームをお腹を中心に、お尻、さらに、脇の下から胸の周りにかけてと、太ももの内側に毎日お風呂上りに塗りましょう。

乾燥がひどい時期には、朝晩とつけても良いです。安いものならたっぷり使えますね。

ワセリンなどの保湿クリームは、安いのに乾燥時期であっても、丸一日保湿してくれるのでおすすめです。
ビッグサイズを購入すれば、妊娠中の期間は、2000円くらいでおさまるはずです。

ここでワンポイント!

妊娠中に2本だけ!などと決めて専門の妊娠線クリームを買っておきます。妊娠5ヵ月に入るとどんどんお腹が大きくなってくるので、その時期にはボディクリームの前に薄く専門の妊娠線クリームを塗ります。

専門のクリームの上から安いボディクリームを使うことでしっかりフタをして成分を閉じ込めてくれます。

安く妊娠線を予防する方法.2

また、産後に妊娠線がつかない方法として安定期に入ってから適度に運動を毎日する事もオススメです。

妊娠中は、ご存知の通り体に脂肪がつきやすい時期でもあります。
特にお腹の周りは普段でも脂肪がつきやすい場所ですから、妊娠中はさらにそうなってしまいます。それによって、その部分に妊娠線ができやすくなってしまうので、毎日歩くだけではなく、軽いストレッチなども行うようにしましょう。

そうすれば、産後に妊娠線で悩む事がないだけではなく妊娠中の体重増加も大幅にすることはありませんから、産後ダイエットもあまりせずに済むことにもなるので、おすすめです。

軽い運動やストレッチなら無料ですもんね♪

安く妊娠線を予防する方法.2

妊娠中最大の敵、食欲と戦いましょう!
食欲があるのは良い事です。お腹の赤ちゃんを守るため、産後に育てるためにもママは脂肪を付けておかないといけません。

しかし、脂肪の付けすぎは妊娠線ができてしまう原因にもなりますし、出産も大変になってしまいます。
食べるものを変えれば同じ量を食べていても太りにくくなることができます。

野菜やお豆腐などを多めに、おやつも寒天を使ったものを食べるようにしてみると便秘予防にもなりますよ。

安い妊娠線予防方法のまとめ

これらの3つの方法を使えば、安く妊娠線予防ができ、産後も妊娠前のお腹の状態に戻しやすくなるはずです。
妊娠線予防には専用の妊娠線クリームが一番ですが、専用クリームを効率的に使うことで安くケアできますから、妊娠中は赤ちゃんにお金を使うことができますよ♪
妊娠線クリームでどれを買おうか迷ったら、以前の妊娠線クリーム比較の記事も参考になさってくださいね。

 - 妊娠線の豆知識 , ,